2017年6月19日月曜日

九重山系『平治岳』1643m H29.6.17

先週行きそこなった。

昨年より一週間遅れで、ミヤマキリシマの満開からは少し遅いと思ったけれど出掛けた。
8:10に吉部駐車場からスタート。
最近雨が降ってないので大丈夫だろうと、北コースへ。苔むした「4号集材路」の道は踏みあとでいっぱい。
ハシゴは新しくなっていたが、平板をつなぎ合わせた少し心もとない感じ。

山頂へは、2時間35分で到着。無理せず、ゆっくりを心掛けていたのだけれど、昨年と同じペース。



枯れて茶色くなった花も見えるけれど、全体的にはまだまだ美しい。
南峰との中間あたり、山頂からの南斜面が一望できる場所で、1時間30分の休憩。


南峰の西斜面も、三俣山との一体が美しい。大戸越への下りで眼下に広がる「坊がつる」辺りも美しい。

分岐から「平治岳山麓トラバース道」へ、鳴子橋を渡り、暮雨コースを下り、久しぶりに、暮雨の滝を観賞して15:15に駐車場に着きました。


今年のミヤマキリシマは今回で見納めですが、登山道には、ノリウツギバイケイソウが待っています。


2017年6月16日金曜日

福岡県 『福智山』900.6m H29.6.13

今年3回目の福智山は、3人です。中津から50kmで上野峡登山口に着く。

白糸の滝ルート(八丁越)で山頂を目指し、下りは、上野越ルートにして、途中おおつが林道から「虎ノ尾桜」の今を見て、上野越ルートに戻り、始発点に戻るという周回ルートを歩く。

9:50スタートしてから10分で白糸の滝に着くと、後はかなり急な登りをひたすら歩く。一時間で、「おおつが林道」に出会うと、わずかな平地という感じ。

樹林帯が終わると山頂が見えるようになる。登山道脇にノイチゴが見える。親指の爪くらいの大きさだから、食べごたえはあった。

山頂の南斜面は、ヤマツツジが満開。2時間20分かかって山頂。



山頂の気持良さと、ひさしぶりのおしゃべりで、1時間20分も休憩してしまった。


八丁越に比べると、上野越ルートの登山道はずいぶんと歩きやすい。
虎ノ尾桜に寄り道をして、15:00には登山口に着いた。

おまけ:
場所は●●ですが、多分、野生の「シラン」を見つけました。
野生は「準絶滅危惧種」です。

2017年6月10日土曜日

九重山系『扇ケ鼻』1698m H29.6.9

平治岳に登る予定で、早朝出発したけれど、とほほ・・・
どうも昨晩の食べたものと、今朝の冷え込みのせい?で、腹痛を起こし、「飯田高原診療所」で点滴を打つ羽目になってしまった。

予定を変更、牧ノ戸から10:45出発で、扇が鼻を目指した。
道路まで延々に駐車していたけれど、タイミングよく駐車場に止められた。
悲喜こもごも。

やっぱり、どうも力が入らない。扇が鼻までが遠かった。



山頂は人が多すぎて、ゆっくりできない。


下りで、小高い花畑に居場所を見つけて、


ミヤマキリシマ咲く中、一時間の昼寝で過ごして、気分改善。




ゆっくり、ゆっくり歩いて、15:30 牧ノ戸に下山。
帰りに前回と同じく、筋湯の打たせ湯につかってすべすべ肌になりました。

2017年6月5日月曜日

第65回くじゅう山開き『久住山』1778m H29.6.4

はじめてのくじゅう山開き〔今年は久住山〕の参加。
牧ノ戸の駐車場は多分、早朝に行っても止められないので、車中前泊。

5:50にスタートすると、もう大勢の登山者。

チゴユリ・マイズルソウを見つけて、さい先良い。

ゆっくり、ゆっくり、2時間30分かかって山頂。

まだまだ、山頂は余裕のスペース。西面から扇ケ鼻を眺めて過ごす。


神事の始まる10:00になると、三角点周辺は、人・ひと・人・・・

神事の祝詞がやっと聞こえる場所を確保して、終わった後は、お供え物のお神酒?を分けてもらえた。ラッキー。


稲星山寄りの尾根から下山する人の見物をする。結局、山頂には2時間30分もいたことになる。




復路で、ミヤマキリシマの花付き状態を確認に、『扇ケ鼻』1698m  に寄ってみる。

まだまだ蕾。

おまけは、扇ケ鼻から下山時、星生山登山口あたり上空から、救助活動をするヘリを25分も眺めたこと。
更なるおまけは、先週、四国で見た〔笹の花〕を沓掛山付近の笹道で、またもや発見したこと。

牧ノ戸には、14:45に到着、お天気で穏やかなくじゅうを九時間かけて満喫した。

2017年5月29日月曜日

四国・石鎚山脈『笹ケ峰』1869m H29.5.27

前日に別府港から宇和島フェリーで、八幡浜に渡り、船内で、am5:30まで仮眠を取り、
松山道の「いよ小松IC」を降りて、R11~R194の下津地バス停から、「笹ヶ峰林道」に入る。
登山口までの10kmくらいの林道は、後半から悪路になって、やっとの思いで、愛媛県側の「笹ヶ峰登山口」に到着した。
山の会5月の例会なので、車2台・11名の山行。
9:20にスタート。右手に滝も見える沢沿いを歩く。歩調の異なる2班に分かれて進むことに。

通過点の「宿」(古くは別子銅山へ木炭を運ぶための集積地であった)~「丸山荘」(1933年に開業した古い山小屋)へ。ここから笹に覆われた山頂の山容が見える。


笹に覆われた山頂までの登山道は、右に左に往来していて、いつまでも山頂にたどり着かない。振り返ると、いろいろな緑に彩られた辺りの山並みが美しかったり。




12:30山頂到着。丸山荘から見上げた通り、穏やかに広がって、360°の展望は素晴らしかった。

この山を覆うイブキザサの花(白い穂のような花が咲く前の濃い紫の蕾?)を登山口近くで発見。
余談!
笹の花は、種類によって開花周期に幅が見られるが、一般にはおおよそ60年から120年周期であると考えられている。開花周期がとても長いことから、笹についての研究はあまり進んでおらず、現状では謎が多い植物だそう。


15:05に下山して、其の日は西条市のホテルに宿泊。翌日は、香川県観音寺市・琴弾公園の「銭形砂絵」の鑑賞をし、丸亀市の日本一高い石垣の城「丸亀城」を堀外から見学してから、宇和島フェリーで、帰りました。


2017年5月22日月曜日

『eyoのyama』 blog 開設8年目 H29.5.20

今年の開設記念日は、
毎年開催の「明大卓同OBサミット」に出席で、東京に出かけていきました。
名前は大袈裟ですが、同好会の在籍前後3年間くらいの仲間なのです。
11:00に浅草雷門前の浅草文化観光センターに集合して幹事さん引率のもと、出かけます。今年は少なくて12名。
三社祭りで賑わう参道仲見世通りを歩いて、神輿を追いかけます。
20日土曜日は
町内神輿連合渡御
(ちょうないみこしれんごうとぎょ)

浅草氏子44ヶ町の町内神輿約100基の渡御。
浅草寺本堂裏広場に参集した神輿が、一基ずつ発進。浅草神社でお祓いを受けた上で、各町会へ渡御。

やっとの思いで、撮影した写真。


昼食は、有名どころの天ぷら屋さんへ。食後は町内を回り、お茶したり、上野・不忍池あたりを散策したり。

そんなで、夜の宴会会場の御徒町へ。さんざん飲んで食べて笑って、三次会会場でまた飲んで。
最近は、結構会っているので、近況の確認をし合って、再開を約束して、22:00ころに解散しました。

今回は、3日間だけの東京だったので、同窓会前日と翌日に、美術館巡りを3か所だけで、山登りは出来ませんでした。


2017年5月16日火曜日

英彦山山地 深倉園地から『岳滅鬼山』1036.8m H29.5.14

8:30に深倉園地をスタート。他に車は一台もいません。

姥ケ懐の観音様に無事登山をお願いして、深倉越えまで、300mの高度差を、一気に登ります。ここまでは、3月、ミスミソウを見に来た時に登っています。
今日は、石楠花鑑賞登山です。


9:30に釈迦ケ岳との分岐点、深倉越。

9:55に浅間山分岐。「三国境」の石柱があります。
ここからは、3年前、筑前岩屋から浅間山を登り、岳滅鬼峠までを往復したこともあります。この尾根道は、ブナなどの林に、シャクナゲが混じって、気持ち良い登山道です。
一旦林道に出そうになるのですが、手前を左にまいて、1010mのピークへ。

10:45に『岳滅鬼山』。

この辺り一面にシャクナゲが咲いている。



いったん下り、岳滅鬼岳。シャクナゲのトンネルを抜けるようにして下ったり、登ったり、真新しいアルミハシゴやロープで下る岩場を過ぎると、


12:00に岳滅鬼峠。日田市から登ってくる道からの、県境を示す「従是北豊前小倉領」の石柱があります。

ここは他に、裏英彦山道に続く県境尾根を歩く道、玉屋神社まで続く大南林道への道との交差点になっています。

30分休憩をとって、大南林道へ進み、深倉園地に続く深倉林道を歩き、


14:30にスタートした駐車場に戻ってきた。朝と違って、深倉峡の観光?の車でいっぱいだった。